« CFD取引とは? | メイン | ドイツの空売り規制 »

CFDの税金は?

CFD取引では,税金はどうなっているのでしょうか?
CFD取引では,税金は雑所得になり,総合課税の対象になります。
ですので,CFD取引でたくさん儲けると,総合課税ですので所得税の税率が上がることになります。

CFD取引で稼ぐ金額にもよりますが,100万とか,200万円ぐらいまでの範囲なら所得税の税率はそんなに違わないと思います。
また,雑所得ですので,年間20万円ぐらいまでの金額なら税務署に申告しなくてもいいということになっています。

通常,日経225先物や,商品先物などは申告分離課税と言って,一律20%の税金が課されるようになっています。
対象となる金融商品は,日経225先物,商品先物,くりっく365を通したFX取引です。

CFD取引とは,取引できる対象の多様性が違い,一般にCFD取引のほうがたくさんの商品を取り扱うことができます。
海外の株価指数や,商品などを取り扱いたいという場合には,CFD取引のほうが便利でしょう。

About

2009年03月27日 14:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「CFD取引とは?」です。

次の投稿は「ドイツの空売り規制」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38