メイン | CFDの税金は? »

CFD取引とは?

CFD取引という言葉を最近聞くようになりました。
CFD取引とは,いったいどのような取引なのでしょうか?

CFD取引とは,差金決済取引のことを言います。
CFDとは,Contract For Differenceのことで,日本語訳すると差金決済取引になります。
今はやりのFXも,CFD取引の一種です。

FXは,外国通貨のレートが投資対象ですが,CFD取引は,FXなどの外国為替だけでなく,株や商品先物,海外の株価指数などもっと幅広い投資対象となっています。

CFD取引をするには,どこかの決められた市場で取引するわけではありません。
CFD取引は,あくまでも相対取り引きです。相対取引とは,取引会社とあなたとの2人の間での取引です。
市場で取引するわけではありませんので,相手となる取引会社を選ぶことは慎重にする必要があります。

CFD取引は,普通の株などの取引と比べると,差金決済取引で証拠金をもとに取引することになります。
ですから,資金が少ない人でもたくさんのロットを取引できることになります。
小さい資金で大きく儲けることもできますし,反対に,大きく損をすることにもなります。

とにかく,CFD取引では証拠金取引となり,レバレッジがかかりますので,資金管理には十分に注意する必要があります。

About

2009年03月27日 14:19に投稿されたエントリーのページです。

次の投稿は「CFDの税金は?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38