商品先物取引所・公的機関

日本商品先物取引協会
1999年の改正商品取引法で法定された商品取引業界の自主規制団体。
主務大臣から多くの権限を委任され、業界の規律保持に努めている。

東京工業品取引所
ガソリン・灯油・金など代表的な商品を扱っています。日本の商品先物の代表的な取引所

東京穀物商品取引所
とうもろこし、大豆、コーヒーなどを扱っている取引所

中部商品取引所
中部ガソリンなどを取り扱っている取引所


 
   

前の記事:期先・期近

 先物取引では、限月といって決済の期限がありますが、その期限が近いものを「期近」、期限が遠いものを「期先」とよんでいます。 一般的に、海外の市場では、期近が最も取引が活発であり、一方日本の市場では、期先...  

次の記事:商品先物の取引方法(ザラバ・板寄せ)は?

ザラバ・板寄せという方法で、商品先物市場では売買が行われています。 ザラバとは、正式には複数約定値段方式といい、一定時間帯に複数の値段が接続的に形成される方法です。 株式の取引を経験されたことのある方...

記事一覧:商品先物関連リンク

800商品先物関連リンク 商品先物取引所・公的機関
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved