商品先物市場で儲かる原則

商品先物 季節性 アノーマリー
商品先物は動きに季節性があります。
そんな季節性について統計を取った本です。

たとえば、灯油は主に冬・ストーブの燃料に使われます。ですから、夏よりも冬に高くなります。
また、とうもろこしは、春に植えて、秋に実ります。ということは、収穫時期は、とうもろこしの供給が多くなって価格が下がります。

こんな、自然の動きを売買に生かそうというのがこの本の趣旨です。
毎年、毎年、同じように繰り返される傾向を売買に生かせば、儲けることができると思いませんか?

なかなか自分で調べるのも大変ですので、このような本で基礎的なデータを入手することをお勧めします。
売買で儲けるのに役立つ知識が満載の本です。

こんなに安くしていいのでしょうか(笑)。
本当は、教えたくなかったので、私も複雑です。アハハ

 
   

前の記事:魔術師たちの心理学

  商品先物だけに特化した本ではありませんが、先物の売買の基礎を勉強するのに最適な本です。 はじめ、この本を見かけたときは、「心理学?必要あるの?」といって、素通りしてしまいました。 ですが、実際に売買...  

次の記事:商品先物取引のしくみ

商品先物取引に必要な知識をカンタンにまとめた本です。 基本的な知識が、ある程度頭に入ります。 具体的に、売買するとなると、役に立たないかもしれませんが、商品先物を理解するのには役立ちます。 バックグ...

記事一覧:商品先物に役立つ本

510商品先物に役立つ本 商品先物市場で儲かる原則
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved