魔術師たちの心理学

システムトレード
商品先物だけに特化した本ではありませんが、先物の売買の基礎を勉強するのに最適な本です。
はじめ、この本を見かけたときは、「心理学?必要あるの?」といって、素通りしてしまいました。
ですが、実際に売買してみると、うまくいかないことばかりです。

この本を読んで、今までいかにずさんの売買をしていたのか反省させられました。
本の内容は、心理学だけにとどまりません。先物を売買する基礎になる取引方法について詳しく書かれています。

相場で確実に資産を増やすのは、大変なことですが、この本の通に勉強すると儲ける確率を上げることができます。
私も、商品取引の会社に勤めていたときに、「魔術師たちの心理学」をお客さんに勧めてあげたかったなー。
勘で売買する人ばかりでしたので、口座の残高が減るのが早いこと早いこと。

うまくいっているときはいいのですが、いったん自分が思っている方向と逆に相場が動くと、みなさん固まってしまうようです。
そんなことにならないように、ぜひ、勉強してから商品取引を始めましょう。

 
   

前の記事:実践 ガソリン灯油取引

  商品先物取引を大手の商社で仕事にしていた著者が書いた本です。 ”実践”という名前のとおり、実際の売買に使える記事が満載です。 特に、ガソリンのファンダメンタルについて書いてあり、長年の経験のある著者...  

次の記事:商品先物市場で儲かる原則

商品先物は動きに季節性があります。 そんな季節性について統計を取った本です。 たとえば、灯油は主に冬・ストーブの燃料に使われます。ですから、夏よりも冬に高くなります。 また、とうもろこしは、春に植え...

記事一覧:商品先物に役立つ本

510商品先物に役立つ本 魔術師たちの心理学
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved