金融商品取引法の準用があり、さらに安全に!

金融商品取引法により、より安全に金融商品を販売する仕組みが作られた。
具体的には、勧誘するときの行動、説明義務を課す、等の行動がさらに詳しく・投資家にあんぜんに規制されます。今までのように、よくわからない商品を買っていた?ということがないように、販売者に厳しい規制を課すのです。
商品先物被害
詳しくは、金融庁のページに載っています。
http://www.fsa.go.jp/ordinary/kinyuusyouhin/index.html

商品先物は、金融商品取引法の規制は受けません。
しかし、商品先物取引にも金融商品取引法が準用されます。
ですから、生き残るためには、勧誘方針を決め、お客が断ったときには無理やり商品取引の勧誘ができないように自主規制を強化しています。

実際、私自身は、商品先物の取引会社を4つぐらい開いたのですが、どこからも積極的な電話、勧誘はありませんでした。
昔とは、時代が変わったのですね。

 
   

前の記事:先物被害に強い弁護士の見分け方

 先物被害にあったとき、日本商品先物取引協会に相談するのもひとつの手ですが、らちがあかない時には、弁護士に相談してみましょう。 弁護士さんも先物に強い弁護士さんと、あまりよく知らない弁護士さんがいます。...  

次の記事:先物で儲ける投資家・先物被害で損する投資家

私が商品取引員をしていたときに、お客さんのアカウントを見てきました。 そんな経験から、「商品先物で儲かる客と損する客の違い」を感じていました。 皆さん、気になるテーマだと思います。 商品先物取...

記事一覧:商品先物被害

430商品先物被害 金融商品取引法の準用があり、さらに安全に!
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved