先物被害に強い弁護士の見分け方

先物被害にあったとき、日本商品先物取引協会に相談するのもひとつの手ですが、らちがあかない時には、弁護士に相談してみましょう。
弁護士さんも先物に強い弁護士さんと、あまりよく知らない弁護士さんがいます。

そこで、先物被害を相談する弁護士さんの選び方を考えて見ましょう。
私のほうは、会社が先物被害で訴えられた時に、弁護士さんへ相談するときに同行したことがあります(汗)。
会社は、先物被害で訴訟になったときに顧問弁護士に相談します。

ということは、自分が被害者になったときには、逆にその顧問弁護士に対抗できるような弁護士に相談する必要があります。
先物に強い弁護士とは、数字に強い弁護士です。
先物取引の経験がある弁護士です。

ここだけの話、弁護士さんのような保守的な職業の人は、先物取引すらやったことがないのです。
建玉や両建て、などといっても、やったことがない弁護士さんにはあまり、相談の内容が伝わっていません(笑)。当然ですよね。
こちらが真剣に相談しても、相手の弁護士が十分に状況を理解していないことはわかります。

訴訟になっても、先物取引をしたことがない弁護士さんは、説得力がありません。
ですから、先物被害について相談するときには、先物取引をしたことがある弁護士に相談しましょう。

 
   

前の記事:金を購入

 金をたくさん家の金庫においてある人にあこがれて、、金の現物を購入してみようと思いました。 なんだか、ユダヤ人みたいです(笑)。 金って、本当に換金性の高い金属なので、お金に困ったらいつでも換金できるの...  

次の記事:金融商品取引法の準用があり、さらに安全に!

金融商品取引法により、より安全に金融商品を販売する仕組みが作られた。 具体的には、勧誘するときの行動、説明義務を課す、等の行動がさらに詳しく・投資家にあんぜんに規制されます。今までのように、よくわから...

記事一覧:商品先物被害

430商品先物被害 先物被害に強い弁護士の見分け方
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved