日本商品先物取引協会

商品取引員の不法行為に対しては、裁判をすることが対策として挙げられます。
しかし、裁判はお金と時間を使うもの。
そこで、安全・安心な商品先物取引を奨励するために自主規制機関が設けられています。

日本商品先物取引協会(日商協)が自主規制機関に当たります。
日証協は、会員である商品取引員の法令・諸規定・諸規則の違反に対する制裁、委託取引にかかる苦情・紛争の解決に当たっています。

日証協の規制のほうが、裁判よりも早く解決できるので、まずは、日証協に問い合わせをしてみることをしてみましょう。

日本商品先物取引協会相談センター
http://www.nisshokyo.or.jp/consulting/center.html

 
   

前の記事:商品ファンドは投資信託なの?商品ファンドとは?

 商品ファンドとは、主に投資家から集めたお金を商品市場で運用する投資商品です。 投資信託が株を対象にしているので、その商品版といえます。 つまり、投資商品が違うだけで、投資信託と商品ファンドは同じような...  

次の記事:建玉

建玉とは、取引所にて売買注文が成立したものの中で、まだ反対売買で取引が完了していない未決済のものをいいます。 建玉は、未決済の売買ですので必ずいつか反対売買があります。 そこで、将来の価格変動を予測す...

記事一覧:商品先物被害

430商品先物被害 日本商品先物取引協会
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved