商品先物被害

商品先物取引は、ハイリスクハイリターンです。そのため、商品知識が薄い人が騙されたという被害もあります。商品先物取引の被害にあわないように、対策や被害状況を勉強しておきましょう。また、すでに先物被害にあってしまった人は、速やかに対策を講じましょう。

商品先物 商品先物 口座開設 商品先物 口座開設 商品先物

商品先物被害−目次

スポンサードリンク

委託者保護のため禁止されていること
先物取引は、証拠金取引といって少ない資金で大きな取引ができるので予想がはずれた時に大きな損をしてしまいます。 このようなハイリスクハイリターンの取引には、しばしば騙されたり、損をさせられたりする取引が...
日本商品先物取引協会
商品取引員の不法行為に対しては、裁判をすることが対策として挙げられます。 しかし、裁判はお金と時間を使うもの。 そこで、安全・安心な商品先物取引を奨励するために自主規制機関が設けられています。 日本商...
先物被害に強い弁護士の見分け方
先物被害にあったとき、日本商品先物取引協会に相談するのもひとつの手ですが、らちがあかない時には、弁護士に相談してみましょう。 弁護士さんも先物に強い弁護士さんと、あまりよく知らない弁護士さんがいます。...
金融商品取引法の準用があり、さらに安全に!
金融商品取引法により、より安全に金融商品を販売する仕組みが作られた。 具体的には、勧誘するときの行動、説明義務を課す、等の行動がさらに詳しく・投資家にあんぜんに規制されます。今までのように、よくわから...
先物で儲ける投資家・先物被害で損する投資家
私が商品取引員をしていたときに、お客さんのアカウントを見てきました。 そんな経験から、「商品先物で儲かる客と損する客の違い」を感じていました。 皆さん、気になるテーマだと思います。 商品先物取...
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved