商品ファンドは投資信託なの?商品ファンドとは?

商品ファンドとは、主に投資家から集めたお金を商品市場で運用する投資商品です。
投資信託が株を対象にしているので、その商品版といえます。
つまり、投資商品が違うだけで、投資信託と商品ファンドは同じようなものです。
商品ファンド
最近では、商品価格の値上がりとともに、商品を対象にする商品ファンドにも注目が集まるようになりました。

この、商品ファンドですが、先物の売買を専門家に委託できるという点で、忙しい人には魅力があります。
最近では、債権と組み合わさった元本保証型の商品ファンドというものも出てきています。

商品価格は、株価と反対に動くという傾向から、商品ファンドは注目を集めています。
年金基金など、大型の機関投資家も最近では、商品ファンドをポートフォーリオに組み入れつつあります。

ただし、商品ファンドの税金は、投資信託とは違って、10%(減税措置終了後は20%)になりません。
雑所得になり、所得によって税率が違ってきます。

また、株の投資信託のほとんどにレバレッジがかかっていないのに対して、商品ファンドはファンドによってレバレッジのかかり方が違います。
どのくらいのレバレッジがかかっているのかは、商品ファンドの運用方針によって違いますので、きちんと目論見書で確認しましょう。

 
   

前の記事:商品先物取引のメリット・デメリット

 商品先物取引は、通常の株や投資信託の売買と違って、ハイリスクハイリターンの取引といわれています。 そこで、メリットとデメリットを簡単にあげてみました。 【メリット】 1、証拠金取引であるため、レバレッ...  

次の記事:日本商品先物取引協会

商品取引員の不法行為に対しては、裁判をすることが対策として挙げられます。 しかし、裁判はお金と時間を使うもの。 そこで、安全・安心な商品先物取引を奨励するために自主規制機関が設けられています。 日本商...

記事一覧:商品ファンド

420商品ファンド 商品ファンドは投資信託なの?商品ファンドとは?
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved