大発会・大納会

大発会とは、新年の最初の発会のことです。

一方、大納会とは、一年の最後の納会のことです。

大発会は、よくテレビで取り上げられ、振袖を着た女の人が並んでいる様子がありますね。
大発会のときに、上昇すると、ご祝儀相場なんていわれます。

 
   

前の記事:納会・新甫発会

 納会とは、決済限月の最終日の最終立会いのことをいいます。この日に、当限の契約分が全て精算されます。 ですので、別名「当限落ち」とも言われます。 納会の翌日になると、二番限が当限となり、期先に新しい限月...  

次の記事:委託者保護のため禁止されていること

先物取引は、証拠金取引といって少ない資金で大きな取引ができるので予想がはずれた時に大きな損をしてしまいます。 このようなハイリスクハイリターンの取引には、しばしば騙されたり、損をさせられたりする取引が...

記事一覧:商品先物用語集

410商品先物用語集 大発会・大納会
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved