追証(取引追証拠金)

本証拠金だけでは、担保力が足りなくなってきた時に、請求される証拠金です。
本証の50%を割り込んできた時に、請求されます。
一般的に、追証の請求は、翌営業日の午前中までです。
請求方法は、電話が一般的です。

こんな電話受けたくないものですね〜(笑)。

証拠金を入れると、ポジションが決済されません。
もし、追証を入れられない時には、午後で業者によってポジションが決済されます。

 
   

前の記事:商品先物の証拠金4つ

 商品先物を取引する時、4つの証拠金の名前を目にします。 ここが、普通の日経225先物と比べて難しいところでしょうか? 商品先物特有の証拠金がありますので、それぞれ説明します。 まずは、?@取引本証拠金...  

次の記事:臨増(取引臨時増証拠金)

臨増とは、取引臨時増証拠金のことです。 この証拠金は、相場の変動が激しくなってきた時に、または相場変動が激しくなりそうな時に、取引所の判断により徴収されます。 相場変動が激しくなると、証拠金不足になり...

記事一覧:商品先物用語集

410商品先物用語集 追証(取引追証拠金)
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved