クリアリング・ハウス

クリアリング・ハウスとは、先物取引に関する精算や担保を行い、先物市場における不特定多数の売買の契約の確実な履行を担保するための機関です。

クリアリング・ハウスは、先物取引における買い手に対して売り手の立場に立ち、売り手に対しては買い手の立場に立ち、当該約定により発生するすべての義務を負い、取引を担保しています。
クリアリングハウスが入ることで、ここの売買で買い手と売り手の契約が切断され、その債権債務も断ち切って、精算会社が担保することになります。

売買代金を払わない違約会社には、@精算会社に余剰金があるとにきには、これを充当する、A不足する時には担保を充当する、Bさらに不足する時には、定められた方法により各精算会員の拠出金により補填する。

この制度によって、効率的で、合理的に取引ができるようになりました。

 
   

前の記事:商品先物での財産保全

 商品先物取引では、私たちの財産の保全はどうなっているのでしょうか? きになりますよね。だって、儲かったとしても、会社が倒産してしまって、財産がなくなったら意味がないですものね。 商品先物取引では、委託...  

次の記事:商品先物のヘッジ

マーケットの魔術師 − 米トップトレーダーが語る成功の秘訣という本で、アメリカの農家出身のトレーダーさんが、異常な利益を上げていたのですが、私は、とても不思議でした。 なぜって?農家の業務で、なぜ商品...

記事一覧:商品先物用語集

410商品先物用語集 クリアリング・ハウス
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved