とうもろこしの移動平均線による売買

ファンダメンタルとは関係ありませんが、テクニカルによる売買を検証してみました。
テクニカル指標は、古典的な移動平均線です。

【検証のコンセプト】
移動平均による売買は、トレンドを追う動きをとろうと思っているので、時間による決済でなく、指標による決済をしたいと思います。

【検証ルール】
・20日移動平均線を超えたら、翌日寄り付きで買い
・10日移動平均線を終値で割ったら、翌日寄り付きで決済

*手数料含まず
 とうもろこしなので、倍率は100倍です。

【検証結果】

総損益1830
売買回数 117
平均損益 15.64
   
勝回数 46
総利益 18860
平均利益 410
   
負け回数 71
総損失 −17030
平均損失 −239
   
勝率 39%
損益レシオ 39%

【検証考察】
手数料を引くと大して儲からないので、この方法はやめた方がいいと思った。
もし、変更するなら決済の方法を10日移動平均での決済から、10日後決済や、15日後決済に変更して見るといいかもしれません。

 
   

前の記事:とうもろこしの月別の傾向

 【検証のコンセプト】 とうもろこしの季節性を探る とうもろこしは、トレンドがゆっくりしているので、検証の期間は3ヵ月後決済のデータを取る 1年生の作物であるので、1年間で需給関係にサイクルがあると予想...  

次の記事:ボリンジャーバンドでとうもろこしを売買

【検証のコンセプト】 ボリンジャーバンドで相場の行き過ぎたときに、逆張りでエントリーする 【検証ルール】 買いのルール ・20日移動平均線のボリンジャーバンドで−2σを終値が割る ・翌日寄付きで買い ...

記事一覧:テクニカル売買

320テクニカル売買 とうもろこしの移動平均線による売買
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved