とうもろこしのさやどり

とうもろこしと大豆は別のものですが、同じような動きをすることが多い商品です。
そこで、それぞれのさやを追っていって、さやが開いたときに、価格が高い方を売って、価格が安い方を買うということが考えられます。

次に、東京とうもろこしの異限月間でのさやどりです。
とうもろこしは、先限でバブル相場のようになることがあります。
そのときに、期先を売って、期近を買うことがあります。
バブルのような値段がついたものは、いつが剥げ落ちますから、そのさやの縮小時に決済します。

このように、とうもろこしのさやどりには、いろいろありますが、このさやどりだけでも生活が成り立っている人がいますので、十分に研究に値すると思います。

 
   

前の記事:とうもろこし・大豆の季節性

 とうもろこしや大豆は、天候によって価格が左右される。 季節性が他の商品と違ってもっともはっきり出る商品である。 豊作になると価格が下がり、凶作になると価格は上がる。 豊作凶作 植え付け時期の降雨植...  

次の記事:とうもろこし・大豆取引の情報源

とうもろこしも大豆も天候が大切になって来る。 だから、最大の生産国であるアメリカの天気は確認しておきたい。 この際、天気予想だけでなく、天気図を見て自分で天気を確認するようにしておきたい。 アメリカの...

記事一覧:とうもろこし・大豆

130とうもろこし・大豆 とうもろこしのさやどり
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved