とうもろこし・大豆 商品先物の特徴

とうもろこしと大豆は大体が同じなので、ここではとうもろこしを中心に説明する。
私たち日本人は、とうもろこしというと、コーンスープに入っているとうもろこしを想像するが、あのような食べ方は、マイナーである。
商品先物,とうもろこし
商品先物でいうとうもろこしとは、主に家畜の飼料として使われており、最近では、とうもろこしを原材料にしたエタノールや、コーンスターチが作られている。
中国そのたの新興国の経済成長によって、肉食が増えたため、とうもろこしなどの家畜の飼料はニーズが増加している傾向にある。

とうもろこしは、主にアメリカで栽培され、全世界の生産量の約4割はアメリカで生産されている。
そのほかは、ブラジル・アルゼンチンなどである。
中国でも生産されているが、中国ではそのほとんどが国内で消費されている。

アメリカでは大体4月から5月にかけて作付けされ、6月から7月にかけて開花する。その時期に、乾燥が続くと凶作となる。

収穫は、9月から10月であり、その時期からは、南半球のブラジル・アルゼンチンの作付けが始まる。

このように、とうもろこしは季節性があるので、価格は天候によってずいぶん左右される。

 
   

前の記事:ガソリン取引の情報源

 ガソリン取引の情報源をあげておく。 まずは、海外の原油市場を確認したい。 ニューヨーク原油 東京ガソリンの価格 石油情報センター 石油の市場価格についてのデータが手に入ります。 石油連盟 石油連盟は、...  

次の記事:とうもろこし・大豆の季節性

とうもろこしや大豆は、天候によって価格が左右される。 季節性が他の商品と違ってもっともはっきり出る商品である。 豊作になると価格が下がり、凶作になると価格は上がる。 豊作凶作 植え付け時期の降雨植...

記事一覧:とうもろこし・大豆

130とうもろこし・大豆 とうもろこし・大豆 商品先物の特徴
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved