ガソリンが取引されている市場

ガソリンは、東京と中部で取引されている。
それぞれ、取引方法が違ってくるので、取引前にはきちんと確認することをお勧めする。

以下カンタンに表にしてみた。

東京ガソリン中部ガソリン
倍率は、50倍倍率10倍
ざら場取引節取引・日に6回
証拠金は13万6000円程度証拠金は2万4000円程度

中部ガソリンは、節取引なので、価格のひずみができやすいのです。
さやどりがやりやすいのは、中部ガソリンの方がいいかもしれません。
また、倍率が低いので、小資金の人にはお勧めの市場です。

東京ガソリンは、ざら場取引なので、値動きは荒いです。
ですが、やはり、何かの事態があったときにすぐに対応できます。
その点が利点ですねー。
50倍で、おまけに証拠金が高いので、資金の余力は必要です。

 
   

前の記事:ガソリン先物の特徴

 ガソリンは、原油から精製してできるものです。 原油からは、ガソリンのほかにも、灯油・軽油・重油・ナフサなどができます。 原油からこれらの商品は連動してできるので、単体でどれかだけを原油から抽出すること...  

次の記事:ガソリンと灯油のさやどり

ガソリンと灯油は、基本的に原油から精製されるものなので同じようなものです。 ですが、ガソリンは、夏の行楽シーズンによく消費され価格が夏に高くなる傾向があります。 ですから、6月限とか、5月限などは、冬...

記事一覧:ガソリン

120ガソリン ガソリンが取引されている市場
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved