ガソリンと灯油のさやどり

ガソリンと灯油は、基本的に原油から精製されるものなので同じようなものです。
ですが、ガソリンは、夏の行楽シーズンによく消費され価格が夏に高くなる傾向があります。
ですから、6月限とか、5月限などは、冬に発会しますが、夏に向かってじわじわ上げていきます。

一方、灯油は、冬に暖房用品としての需要が増します。
ですから、夏に発会する限月のものが冬に向かって上がっていきます。

このように、同じような商品でありながら、両者は、ピークが違ってきます。
ですが、両者とも、気温だけでなく、もともとの材料の原油の価格や、為替の動向など他にも影響を与える要素が多いのです。
そうなると、価格を予測することは難しいと思います。

ですので、同じような動きをするという習性は、日ばかりのさやどりに生かすとよいと思います。
大きくは価格の流れが違ったとしても、1日の間では連動します。
ぜひ、日ばかりのなかで、両者の価格の連動性を生かしてみることをおすすめします。

 
   

前の記事:ガソリンが取引されている市場

 ガソリンは、東京と中部で取引されている。 それぞれ、取引方法が違ってくるので、取引前にはきちんと確認することをお勧めする。 以下カンタンに表にしてみた。 東京ガソリン中部ガソリン 倍率は、50倍倍...  

次の記事:ガソリンのファンダメンタル・価格変動要因

ガソリンの価格変動要因をカンタンに覚えておきたい。 ?@海外の原油相場の変動 ガソリンは原油から精製されるため、原油の価格に影響する。 原油は主に海外で取引されているが、原油がOPECや政情によって...

記事一覧:ガソリン

120ガソリン ガソリンと灯油のさやどり
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved