ガソリン先物の特徴

ガソリンは、原油から精製してできるものです。
原油からは、ガソリンのほかにも、灯油・軽油・重油・ナフサなどができます。
原油からこれらの商品は連動してできるので、単体でどれかだけを原油から抽出することはできません。
商品先物
ガソリンは、主に、わが国では自動車の燃料として使われます。
自動車の燃料として使われているので、需要のピークは夏です。
夏は、行楽シーズンであり、車を使う人が多いので、年間で一番ガソリンが消費されます。

ですから、ガソリンは、夏に一番高くなります。
ガソリンの6月限や5月限は、6ヶ月前の冬に発会します。
ですので、そのぐらいから、夏の需要を予測して、がそりんを売買することになります。

ガソリンは、日本には、東京と中部があるので、両者使い勝手のいい方を売買するといいと思います。

 
   

前の記事:商品先物リンク

 ネットトレードで自由で豊かな生活を LULUさんという女性のトレーダーが運営するサイト。相場の格言が書いてあり、読んでいて楽しい 初心者のための先物取引/為替FX 商品先物取引や日経225先物、外国為...  

次の記事:ガソリンが取引されている市場

ガソリンは、東京と中部で取引されている。 それぞれ、取引方法が違ってくるので、取引前にはきちんと確認することをお勧めする。 以下カンタンに表にしてみた。 東京ガソリン中部ガソリン 倍率は、50倍倍...

記事一覧:ガソリン

120ガソリン ガソリン先物の特徴
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved