金先物と金地金

金先物と金地金はどう違うのだろうか。

カンタンに特徴を比較してみた。

金先物金地金
決済期限あり決済期限はなし
市場で安い値段で
指値できる
取引会社との相対取引なので
割高
保管費用は
かからない
貸し金庫等の費用
必要か

なんといっても、金先物取引のメリットは、市場で指値で購入できるので、安く購入できる可能性が高くなることだ。
また、現物を扱うわけではないので、保管の手間が不要である。

一方、金の地金は、金を長期で持ちたいときに有効である。
先物と違って決済期限がないため、安いときに買って、高くなるまでじっくり持つことができる。
しかし、家の中にたくさんの金があると物騒なので、貸し金庫等の保管費用がかかるのがデメリットである。

自分の投資目的に応じて、使い勝手がいいほうを選びたい。

 
   

前の記事:金の取引方法

 金先物は、東京工業品取引所で売買されている。 というこで、どの商品先物取引会社でも購入できる。 先物取引の場合には、買いからも売りからも入れるので、現在の価格を見て売買を判断したい。 商品取引員の中に...  

次の記事:運用方針・運用資金

サイト管理者の運用方針と、運用資金です。 <運用方針> 年齢が若いので、リスクをとってハイリスク・ハイリターンの運用方針にする。 運用方法は、商品先物のシステムトレードにする 1回のトレードのリスク許...

記事一覧:金先物

100金先物 金先物と金地金
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved