金の取引方法

金先物は、東京工業品取引所で売買されている。
というこで、どの商品先物取引会社でも購入できる。
先物取引の場合には、買いからも売りからも入れるので、現在の価格を見て売買を判断したい。
商品取引員の中には、買いしかすすめない人もいるので、そのような人のアドバイスはきかないことだ(笑)。

以上は、金の先物についてであるが、金の場合には、地金も取引される。

主に、テレビ等の宣伝で見るのは、田中貴金属や三菱マテリアルなどの金の取り扱い会社で購入できる。
また、金の地金については、毎月こつこつ積立をすることもできる。
この方法は、まとまったお金がない人や、購入価格をならしたい人に最適な方法だ。

本当は、金の地金を引き取るには、金の先物をかって、現物での引取りをしたほうが手数料が安く買えるのだが、これでは、取引の単位が大きくなるので、一般人にはお勧めしない。
メープルリーフや小判など、加工されたものは、一般的には割高になりがちなので、できるだけ形が面白みのないものを購入したい。

 
   

前の記事:金の価格下落要因

 今度は、金の価格下落要因について見ていきたいと思います。 基本的には、金の価格上昇要因と裏返しになります。 ?@景気後退により、宝飾品需要の減少 宝飾品の材料として金は使われる。 クリスマスや誕生日、...  

次の記事:金先物と金地金

金先物と金地金はどう違うのだろうか。 カンタンに特徴を比較してみた。 金先物金地金 決済期限あり決済期限はなし 市場で安い値段で指値できる取引会社との相対取引なので割高 保管費用はかからない貸...

記事一覧:金先物

100金先物 金の取引方法
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved