金 商品先物の特徴

【金の商品の特徴】
金の歴史は古く、昔から世界各国で貨幣の代わりとして、使われています。
現在は、金本位制でなくなってしまいましたが、それでも華僑やインドの人、ユダヤ人などは金を財産として蓄えています。
商品先物,金
【金の需要と供給】

金の供給は、鉱山からの採掘が一番多く、次に、スクラップからの回収、中央銀行など公的保有金の売却などで構成されています。

金の産出国は、南アフリカ・ロシア・オーストラリア・アラスカ・中国などです。
昔は、ほとんどが南アフリカでしたが、最近では、新しい国の台頭によって、その影響力が低下しています。

逆に、金の需要は、宝飾品としてのものが多く、その他は、半導体などへの加工用、金貨退蔵などになっています。

【金の品位】
金地金は、各国で流通している品位が違います。
日本では、「品位(純度)1000分の995以上」と法定されていますが、慣習上はさらにいい純度の999.9のものが作られ、取引されています。

一方、欧米では、995以上のもの、香港では、990以上のものが主に流通しています。

香港に行った海外旅行で買ってきた金のネックレスがなんだか色が薄かったのは、気のせいではなかったのですね(苦笑)。

 
   

前の記事:商品先物業者を信用力で選ぶ!

  商品先物業者は、たくさんありますが、やはり、一番気になるのは会社の信用です。 商品先物会社の信用とは、まずは、会社の業績がいいことだと思います。 ですので、代表的な商品先物の会社について業績を調べて...  

次の記事:厳選の安心な商品先物会社@

まず、はじめに私が口座開設したのは、岡地株式会社【オアシス】function Button4218(){para="?pa=19360Y&ad=2471j-Q4218Z";site="http://t...

記事一覧:金先物

100金先物 金 商品先物の特徴
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved