商品先物取引は儲かるのか?

商品先物取引は、本当に儲かるのだろうか?
よく聞く話として、「商品先物相場で、資金が2倍になった。」とか、「商品相場でお金を騙し取られた・・・。」などあります。
商品先物,投資家
本当のところ、商品先物取引は儲かるのでしょうか?
相場で儲かる人は、参加者の2割程度といわれています。
ということは、よく聞く話は、どちらも本当なのでしょう。
客観的に考えると、2割ですから、儲かるためにはかなり厳しいですよね。

しかし、参加するほうにまわると、必ず自分だけは儲かるような気がして参加しますよね(笑)。
もちろん、損をしたくて参加する人などいません。

ということは、儲かっている人を分析するとともに、損している人を分析するとある程度の傾向はつかめるのではないでしょうか?
間違っても、損をする人に共通する習慣だけは身につけないようにしましょう(キッパリ)。

 
   

前の記事:証拠金

 証拠金とは、先物取引における担保金のことです。 100万円の取引をするのに、普通の場合には、100万円かかるところを、証拠金を10万円入れるだけで100万円の取引ができてしまいます。 このように、少な...  

次の記事:商品先物取引の歴史

商品先物取引ができたのは、いつだろうか? 商品先物取引の歴史は、古い。 日本では、すでに1600年代から、大阪の淀屋米市ができていた。 さらに、1730年、堂島に帳合米取引の市場が公認されました。 古...

記事一覧:商品先物取引方法

020商品先物取引方法 商品先物取引は儲かるのか?
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved