商品先物の売買注文方法

商品先物取引の売買注文の出し方を説明します。
一度、注文を出してしまってから損をしても、「わからなかった」ではすまないです。
ですから、注文方法については、しっかり理解しましょう(^^)/

注文を出す時には、次の項目をあらかじめ紙に書くなどして、チェックしてから注文を出すことをおすすめします。

注文するのに必要な事項
・商品名(ガソリン、灯油、金、とうもろこし、大豆など)
・限月
・値段(指値か成り行きか)
・数量・枚数
・注文の有効期限(一日中とか、前場のみとか)
・場・節
・売りか買いか
・新規か仕切りか

実際の注文例
「ガソリン3月限を○○円で、3枚。今日の後場一で、新規の買い」

パソコンで、注文を出す場合には、選択事項がありますので、画面に沿って丁寧に選択していけば安心です。
まあ、説明を聞くより、なれるほうが大切です。
デモトレードでもいいので、売買の出し方を練習してみるといいと思います。

 
   

前の記事:臨増(取引臨時増証拠金)

 臨増とは、取引臨時増証拠金のことです。 この証拠金は、相場の変動が激しくなってきた時に、または相場変動が激しくなりそうな時に、取引所の判断により徴収されます。 相場変動が激しくなると、証拠金不足になり...  

次の記事:納会・新甫発会

納会とは、決済限月の最終日の最終立会いのことをいいます。この日に、当限の契約分が全て精算されます。 ですので、別名「当限落ち」とも言われます。 納会の翌日になると、二番限が当限となり、期先に新しい限月...

記事一覧:商品先物取引方法

020商品先物取引方法 商品先物の売買注文方法
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved