取引されている商品とは?

商品先物市場では、どのような商品が取引されているのでしょうか?

有名なところでは、ガソリン・原油・とうもろこしなどあります。

そもそも、先物市場で取り扱いされている商品は、大量生産可能・品質均等なもので価格操作ができないものです。
昔、「赤いダイヤ」という小説で、買占めの様子がありましたが、そんな風に価格操作されないような商品に限定しているようです。

といっても、価格を操作したいという野望は、いつの時代にもつきないものです。
海外では、銀の買占めをしようとしたハント兄弟とか、いろいろあります。
まあ、私のような個人投資家には、関係ありませんが(笑)。

ということで、簡単に商品先物市場で取引されている代表的な商品を上げてみました。

[日本]
とうもろこし、小豆、大豆、コーヒー豆、粗糖、金、ガソリン、灯油

[海外]
小麦、とうもろこし、大豆、綿花、砂糖、コーヒー豆、冷凍オレンジジュース、生牛、ガソリン、天然ガス、金、銀

いろいろありますねー。
特に、海外の商品先物市場で取り扱いされている、生牛なんて言うものは、日本人の私から見るとちょっと奇妙に見えますねー(笑)。

 
   

前の記事:商品先物の取引方法(ザラバ・板寄せ)は?

 ザラバ・板寄せという方法で、商品先物市場では売買が行われています。 ザラバとは、正式には複数約定値段方式といい、一定時間帯に複数の値段が接続的に形成される方法です。 株式の取引を経験されたことのある方...  

次の記事:商品先物での財産保全

商品先物取引では、私たちの財産の保全はどうなっているのでしょうか? きになりますよね。だって、儲かったとしても、会社が倒産してしまって、財産がなくなったら意味がないですものね。 商品先物取引では、委託...

記事一覧:商品先物取引方法

020商品先物取引方法 取引されている商品とは?
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved