商品先物取引は必要だ

商品先物取引は、必要でしょうか?
そこで、商品先物取引の役割を見て見ましょう。

商品先物取引には、いろいろな役割がありますが、中でも一番大切な役割は価格変動のヘッジの役割です。
通常ですと、価格が変動すると、当然商品を販売する時の価格も変動します。
高くで売れると思ったものが、いざ販売する時に安い値段でしか売れないとなると、当然見通しが立たないので経営が不安定になります。

また、安くで仕入れることができると思っていた原材料が、実際に必要になった時期に高くでしか手に入らないこともあります。
具体的には、最近ANAが先物取引によって、ガソリンを安く手に入れていたので、赤字にならずにすんだというニュースがありました。

このように、商品先物取引は、価格の乱高下から経営を安定を守っているのです。

 
   

前の記事:リスクヘッジ

 現物価格の変動によって損をするリスクを回避するために、先物市場で現物の手持ちポジションと反対の売り・買いを行うこと。 [PR] 商品先物口座開設体験談 安全な商品先物取引業者を自己の口座体験からレポー...  

次の記事:期先・期近

先物取引では、限月といって決済の期限がありますが、その期限が近いものを「期近」、期限が遠いものを「期先」とよんでいます。 一般的に、海外の市場では、期近が最も取引が活発であり、一方日本の市場では、期先...

記事一覧:商品先物とは?

010商品先物とは? 商品先物取引は必要だ
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved