商品先物取引の歴史

商品先物取引ができたのは、いつだろうか?

商品先物取引の歴史は、古い。
日本では、すでに1600年代から、大阪の淀屋米市ができていた。
さらに、1730年、堂島に帳合米取引の市場が公認されました。
古い!!!
最近、新聞を商品先物取引がにぎわしているが、そんなに古くからあったのですねー。

そういえば、ろうそく足を作った人(名前を忘れちゃった)も米市場に参加していたといいますよね。
相場は、外国人のほうが最近では上手みたいですが(汗)、日本人は歴史から言うと、知恵をたくさん蓄えているようです。

海外では、どうでしょうか?
よくテレビで、シカゴの原油の取引の場立ちの様子が放送されますが、シカゴにも古くから商品市場があったのです。
1848年、シカゴ商品取引所ができ、小麦・とうもろこしなどが取引されていました。

このように、商品先物は古くから公正な価格の形成にやくだっていたのですねー。

 
   

前の記事:商品先物取引は儲かるのか?

 商品先物取引は、本当に儲かるのだろうか? よく聞く話として、「商品先物相場で、資金が2倍になった。」とか、「商品相場でお金を騙し取られた・・・。」などあります。 本当のところ、商品先物取引は儲かるので...  

次の記事:リスクヘッジ

現物価格の変動によって損をするリスクを回避するために、先物市場で現物の手持ちポジションと反対の売り・買いを行うこと。 [PR] 商品先物口座開設体験談 安全な商品先物取引業者を自己の口座体験からレポー...

記事一覧:商品先物とは?

010商品先物とは? 商品先物取引の歴史
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved