商品先物取引とは?

商品先物取引とは、文字通り「商品」の先物取引です。
もともとは、先物取引は農作物や、工場生産物の取引の保険として、利用されていました。
商品先物
農産物の価格や、貴金属の価格は不透明です。
ですから、現在の先物の価格が安ければ、先物を買っておくことで将来の6ヵ月後に必要な物資を調達するのに役立ちます。

また、とうもろこし等の農産物ですと、半年後に収穫できることが確実な場合、現在の先物価格が高い時に先物を売っておきます。
そうすることで、半年後の収益の予想をたてることができます。

現在は、投機的な側面ばかりが注目されていますが、本来は価格の安定・収益の安定のために利用されるための相場なのです。

 
   

前の記事:限月

  先物の売買契約を最終的に決済しなければならない期限のこと。 商品先物では、商品によって限月の定め方が違うので、詳しくは、取引所などで確認した方がいい。 限月の納会日までに反対決済をするか、または、総...  

次の記事:証拠金

証拠金とは、先物取引における担保金のことです。 100万円の取引をするのに、普通の場合には、100万円かかるところを、証拠金を10万円入れるだけで100万円の取引ができてしまいます。 このように、少な...

記事一覧:商品先物とは?

010商品先物とは? 商品先物取引とは?
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved