商品先物取引の口座開設書類

商品先物取引を始めたいときには、口座を開設します。
その簡単な流れを説明します。

まず、商品先物取引を始めるときには取引の開始までに、「当該商品取引員に取引を委託する」旨の「約諾書」に署名・捺印をして、当該書類を取引員に差し入れます。
この書類は、先物の危険性を承知した上で自己責任で取引しますという旨の書類です。
商品先物,口座開設
しかし、この約諾書にサインしたからといって、直ちに取引を開始する必要はありません。
また、証拠金を入れる必要もありません。
証拠金を入れるのは、きちんと自分で先物の売買をする準備ができてからでいいでしょう。

次に、「通知書」という書類も、同時に差し入れます。
この通知書という書類は、取引開始後に交付される売買報告書などの各種の報告書や連絡事項の送付先を明示し通知するものです。

このような書類が差し入れられると、とうとう売買を開始することができます。

 
   

前の記事:委託者保護のため禁止されていること

 先物取引は、証拠金取引といって少ない資金で大きな取引ができるので予想がはずれた時に大きな損をしてしまいます。 このようなハイリスクハイリターンの取引には、しばしば騙されたり、損をさせられたりする取引が...  

次の記事:商品先物取引のメリット・デメリット

商品先物取引は、通常の株や投資信託の売買と違って、ハイリスクハイリターンの取引といわれています。 そこで、メリットとデメリットを簡単にあげてみました。 【メリット】 1、証拠金取引であるため、レバレッ...

記事一覧:商品先物口座開設

005商品先物口座開設 商品先物取引の口座開設書類
 
  
Copyright © 2006 商品先物取引で儲ける!. All rights reserved